レーザー治療を行えます

レーザー治療のイメージ写真

眼科では、眼の奥などに生じた病変を治療するため、レーザーを使用する事がよくあります。
従来は治療が難しかった病気や、手術しなければ治せなかった病気についても、レーザーで対応できるケースが増えてきました。レーザーの特長を活かし、患部に限定して照射することも出来ます。これによって病気の進行停止や進行遅延が期待できます。
具体的には、網膜や虹彩などの病気にはアルゴンレーザーを、水晶体の場合はYAGレーザーを使用しています。
当クリニックでは、様々な病気の治療に対応するため、最新のレーザー機器を取り揃えております。

入院せずに行えます

通常のレーザー治療の場合は、入院する必要ありません。あらかじめご予約いただいた上で、外来にて対応します。
治療の直後は見え方が安定しないこともありますが、片眼だけの治療が主で、治療後は様子を見たうえで帰宅することが出来ます。両眼の治療が必要なケースでは、日を改めてレーザー治療いたします。
治療後は、殆どのケースで入浴、食事などを普段通りに行えます。

レーザー治療の適応症例

  • 白内障手術後の後発白内障
  • 原発閉塞隅角緑内障
  • 網膜裂孔
  • 糖尿病網膜症
  • 網膜静脈分枝閉塞症
  • 黄斑浮腫など

アルゴンレーザー

アルゴンレーザーを活用した治療は、糖尿病網膜症や網膜静脈分枝閉塞症(それらに起因する黄斑浮腫)、網膜裂孔、裂孔原生網膜剥離など、主に眼底疾患で効果を発揮しています。このレーザーは目にかかる負担が少なく、治療後の回復期間が早くなる傾向にあるので、当クリニックでも積極的に活用しております。

YAGレーザー

YAGレーザーは、イットリウム・アルミニウム・ガーネットを用いた固体レーザーの一種です。ピンポイントな部位にエネルギーを集めて照射することが出来るので、周囲への熱変性を起こすことが少なく、後発白内障などの治療で効果が認められています。